体重が増えるのは負のスパイラル

体重が増えてしまうことでよくないこと。見た目もよくない。体調にも悪影響を及ぼす。などなど。負のスパイラルに陥ってしまいがちです。

ダイエットしなくては、と思うもののなかなかうまくいかない。そんな人は結構多いのではないでしょうか。
ですから、糖質制限ダイエットがダイエットをしなくてはいけない、あるいは関心を持っている人に注目を集めているのは当然と言えるでしょう。

さて、糖質制限ダイエットで目の敵とされているのが白砂糖です。甘いものが好きでメタボな人は、砂糖を控えなければ、痩せなさいと周りから指摘されることがあるのでは。

私も甘いものが好きで、太っていました。砂糖を控えることの一環として、菓子パンやスイーツ食べる量を減らそうと決意しました。量を減らすと結構ダイエットできます。

しかし、精神的にイライラしてしまうのです。また、とても疲れてしまう。良くない側面ばかり気になってしまうのです。どうやら、頭というか脳のエネルギーを消費するとイライラや疲れ現象が生じてしまうのが理由のようです。

そういう時は、ブドウ糖を補給しなければいけないサインのようです。しかし、糖質制限ダイエット論者や1日1食論者は、そうではない、ブドウ糖を身体に入れなくてもいい。

肝臓がブドウ糖不足を解消するため、骨格筋からタンパク質を取り出し、それをブドウ糖に変える働きをするから、大丈夫だと主張します。その通りなのでしょう。

しかし、そのために身体はエネルギーをかえって多く使ってしまうのではと疑問に感じます。

私がおすすめするのは泉州なすの漬物です。なす本来の甘さが最高なので。ぜひやってみてください(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です